会社を支える社員のチームワーク

営業部

近藤 慶太さん

入社年 2013年
新潟県三条市出身

メッセージ

説明会と会社見学で会社の魅力を実感

合同企業説明会でたまたま高儀ブースに立ち寄ったのがきっかけです。地元企業で、長い歴史があるという実績に、安心して仕事ができるのではないかと感じました。また、会社見学に行った際には、明るくチームワークの良い雰囲気が自分には合うのではと思い、ここなら自分らしく、長く働けるのではないかと考えました。また、企業説明会でも説明を受けてはいたのですが、実際に仕事をしてみて、改めて規模感が理解できました。

お客さまの信頼に応えることがやりがい

わたしの仕事を一言で表すと、お客様(担当している小売店)を儲けさせることです。新潟県内の多業種の職人に向けて、道具や機械を提案し販売しています。午前中は社内で注文や問い合わせに対応し、午後から営業と配達。そこで要望や困りごと、質問を聞くと、社内に持ち帰って、解決を図ります。また小売店に道具を買いに来るエンドユーザー様のニーズを掴み、その商品を提案し、お店に導入することも業務の一つです。新商品や商品単品ではなく売り場全体のバランスや客層を見ながら提案していきます。「困ったら、高儀」と言っていただくお客様の信頼に応えられるように心がけています。この仕事で嬉しかったことは自分の提案に賛同してくれ、売り場を大きく変更したら、エンドユーザーの来店数も売上も伸びていき、お客様に喜んでもらったことです。そのお客様が自分を信用してくれるようになり、たくさんの注文をしてくれるようになったときは自然とガッツポーズがでました。

社員同士の絆で組織を強く

高儀という会社が持つ雰囲気と、そこから作り出されるチームワークが魅力だと思います。世の中には『トップダウンで命令系統を上から下までピシッと揃えて作る企業』、『数百人単位で新卒採用をして、サバイバルに生き残った社員で作る企業』など様々な企業の作り方、考え方があります。高儀に根付いている考え方は『社員同士の横の絆で組織を強くしていく』という考え方です。常にピリピリしている訳ではなくて、やる時はビシッとやる感じで、それ以外はとてもフランクな雰囲気です。倉庫内を歩いていると、どこからともなく笑い声が聞こえてくるイメージです。この雰囲気から作られるチームワークは他社に負けないものがあると思います。 わたしにとっては居心地がいい場所です。

企業情報

業種

商社

事業分野

「TAKAGI」ブランドを中心に展開するホームセンター向け商品の企画開発販売事業、創業当初から続く道工具の卸売事業、ノコギリの製造事業、エクステリア用品の製造事業など幅広い分野に事業展開しています。販売先はホームセンター、量販店、プロショップ、金物店、ワークショップ、エクステリア店等です。

会社の強み

日本のモノづくりを支える道具・工具の専門商社です。扱っている商品は硬いものが中心ですが、柔軟な対応で時代の波を乗り越えて、今年で154年目を迎えます。ビルを建設する。家を建てる。何かを組み立てる。日常の様々な場面で道具は使用されています。素手ではできないことも道具があれば可能になります。「道具で世界に笑顔を」を目指し、優れた道具を社会に供給していくことが我々の使命です。

会社概要

会社名 株式会社高儀
所在地 〒955-8655 新潟県三条市塚野目2341-1
設立年 1940年(創業1866年)
代表者 代表取締役社長 高橋 竜也
資本金 4,700万円
従業員数 388名(グループ全体)
電話番号 0256-38-1010
URL https://www.takagi-plc.co.jp/
SNS Facebook
最終更新日:2020年07月06日

閲覧履歴