新しいことにチャレンジする活気が魅力!

管理部

篠村 萌花さん

入社年 2015年
秋田県大館市出身

メッセージ

高校3年生の時、高校生向けの企業説明会に参加した際に、様々な分野にチャレンジし、大館市から県内外だけでなく、世界へ技術を発信しているというお話を聞いて、当社に魅力を感じました。間接部門である管理部は、多くある事業部を統括し、社員の資格管理などを行っていると聞き、誰かをサポートする立場で仕事をしたいと思っていた私に合った職場だと思いました。夏休みにオープンオフィスと職場見学に参加し、工場見学・人事担当者と面談しました。そこで、管理部の方とお話しをさせていただき、職場の雰囲気や、やりがいなどを直接伺えたことで、当社に入社したいという思いが強まりました。

 

現在は管理部で事務をしています。仕入業務、資格管理の他、毎月の定例業務で改善提案の集計などを行っています。細かい仕事が多く、優先順位を付けるのが大変です。多くある仕事の中で、特に資格管理は給与にも反映され、複雑な仕組みになっています。複雑な仕事を終えた時や、任された仕事が終わって御礼を言ってもらったときに、働きがいを感じます。また、女性の皆さんも優しく接してくださり、食事に誘っていただくこともあります。仕事だけでなくプライベートでも関わることで、仕事の相談もしやすいと感じます。当社には「パーフェクト賞」というポイント制の社員表彰制度があり、資格取得やボランティア、献血、改善提案の提出などでポイントを獲得できます。獲得したポイントが一定数を超えると、グループの経営方針発表会で表彰されます。日常の仕事のモチベーションも上がり、会社への貢献もできる、素晴らしい仕組みだと思います。

 

当社はタンクや支保工などの大型製品から、ミクロン単位の高精度な機械部品、精密金型などを製造するものづくりの会社です。自社開発のTOKOドームは、日本だけでなく韓国とアメリカでも特許を取得しています。南極へも納入実績があり、近年ではこのノウハウを活かして防災シェルターや地下シェルターの開発に取り組んでいます。また、航空機部品のNadcap(航空宇宙産業界での国際的な工程認証プログラム)を世界で5番目、国内では初めて認証取得しました。ドローンの製造・販売にも力を入れており、新しいことにチャレンジし続ける、活気のある会社です。数多くある社内行事の中でも、東光グループで行われる大運動会は家族も参加でき、普段関わることが少ない他事業部の方とも交流することができます。

企業情報

業種

金属・鉄鋼・非鉄

事業分野

・各種鋼構造物の設計・製作
TOKOドーム、建築鉄骨、建築耐震等
橋梁、水門、クレーン、タンク、圧力容器、各種プラント等
支保工、セントル、スノーシェルター、防音壁、土木耐震等
・各種機械装置/プレス金型の設計製作
省力化機械、自動搬送機械、試験装置、リサイクル関連装置等
プレス金型(ゴム・フィルム・粘着シート材の等ソフト材)、精密治工具等
・建築一式、橋梁架設、橋梁補修、各種鋼構造物・機械器具据付
・クレーン、立体駐車場、各種設備の保守メンテナンス
・NC/MC加工、形鋼曲加工
・ドローンの製作、販売、教習(農林水産航空協会認定)

農業用ドローン、レスキュードローン

会社の強み

当社は1938年に創業し、大館市内に製造部門4拠点10事業部を運営する「挑戦と創造力」で、ものづくりを行うプロ集団です。

世界初の大型デッキプレート(凹凸型の鋼板)冷間曲げ加工技術を活用したTOKOドームをはじめ、大手タイヤメーカーが導入しているタイヤ試験機、コンポストプラント、国産ドローン等自社製品のほか、難易度の高いソフト材プレス金型製作や、航空宇宙産業界での国際的な工程認証プログラムNadcapを日本で初めて取得した円筒研磨加工、さらに全国溶接技術競技会に出場経験のある熟練工が手掛ける土木製品等、高い技術力で独創的な製品を提供しています。

大館市内の本社・各事業部、仙台・東京の営業所にはWeb会議システムを導入し、積極的に業務の効率化を推進しています。また各種資格取得手当や講習・研修費用の全額負担等、社員の教育にも力を注いでいます。

毎年開催される経営方針発表会では、オープン経営・有言実行の姿勢でグループ社員全員が目的を共有し、社員一人ひとりが役割意識をもって仕事ができるよう取り組んでいるほか、生産性やブランド力の向上、職場環境の改善を目的に、改善提案制度やQC活動を取り入れ、職場一体となった活動を行っています。

会社概要

会社名 東光鉄工株式会社
所在地 〒017-0012 秋田県大館市釈迦内字稲荷山下19-1
設立年 1973年
代表者 代表取締役社長 菅原 訪順
資本金 8,500万円
従業員数 276名
電話番号 0186-48-3234
URL https://www.toko-tekko.co.jp
SNS
最終更新日:2020年08月25日

閲覧履歴