ここで働きたい!東北・新潟のキラぼし企業

お客様との仕事を超えたつながりに、やりがいを感じています

営業部 営業一課主任

千波 恭平さん

入社年 2010年
茨城県出身

メッセージ

環境が良く仲間にも恵まれた仙台で働きたい

高校時代に福祉の勉強がしたいと考え、ラグビー部でお世話になった監督のすすめもあり、東北福祉大学に入学したのが仙台との縁です。就職活動では大手企業から内定をいただきましたが、転勤があると聞き、すばらしい仲間に恵まれた仙台を離れたくないという思いから、中小企業の合同企業説明会に参加しました。そこで当社の中川顧問の話から、日本の食文化に根付いたお米を扱っていること、日本の食文化に貢献していることへのこだわりを感じ、ぜひこの会社で働いてみたいと思いました。

大手企業にはない魅力があります

当社は農家からの集荷や精米、販売、飲食店やスーパーへの炊飯米の納品までを手掛けるオールライスメーカー・ナカリグループの1社です。当社の業務はお米の販売が中心で、私は県内外のスーパーや飲食店、医療施設など既存のお客様に対するルートセールスと、新規開拓の両方を担当しています。一人ひとりの担当範囲が広く、東北はもちろん関東や関西に出張する機会もあります。社長をはじめ、全社員が同じフロア内で仕事をしているので、職場の雰囲気が良く、スピード感をもって仕事に取り組めます。また、自分のやりたい範囲を広げていくことができ、仕事ぶりがダイレクトに評価されるのも、大手企業にはない魅力であり、やりがいを感じる部分です。

営業の経験で自分自身も成長

当社はお客さまを大事にするという理念が根付いています。私が入社した翌年に、東日本大震災が起こったのですが、震災の翌々日に車にお米を積んでお客様のところを回ったところ、私のほうがお客さまから水や食事をいただき、本当に助けていただきました。お客さまとの仕事や商売を超えたつながりを感じ、営業をやっていて良かったと感じました。営業職は敬遠されてしまいがちですが、お客様によってはお米のサイズ感や精米のロッド、産地など先方のニーズに見合った商品企画を立てることもあるなど、多くの経験を積むことができます。営業の仕事を通して自分も成長できると思いますので、興味がある方はぜひチャレンジしてほしいと思います。

企業情報

業種

卸売・小売

事業分野

■米穀全般精米・BG無洗米の卸及び小売
■食品・石油の小売
■業務用米飯の販売

会社の強み

米どころ宮城で地元良質米をはじめ全国各地の優良銘柄を取扱い、宮城県内はもとより全国各地に販売している米穀業者です。私どもはお客様のニーズにあった商品提案をモットーに、お米の集荷・保管・各種精米・無洗米・炊飯事業まで取り扱う、オールライスメーカーです。

会社概要

会社名 タカラ米穀株式会社
所在地 〒981-3341 宮城県富谷市成田9丁目3番地2
設立年 1981年
代表者 代表取締役社長 星 広二
資本金 1,000万
従業員数 36名
電話番号 022-351-6731
URL http://www.takara-rice.jp/
SNS
最終更新日:2019年12月09日

閲覧履歴