ここで働きたい!東北・新潟のキラぼし企業

社員同士の仲が良く気軽に相談できるので、未経験でも安心して働けます

鮮魚部 特種2課

神林 憲太さん

入社年 2016年
宮城県仙台市出身

メッセージ

風通しが良くフレンドリーな雰囲気です

生まれ育った宮城に愛着があり、転勤がなく地元密着型の企業に就職したいと考えていました。
この条件で仕事を探していたところ、興味を持ったのが仙都魚類でした。会社説明会で訪問したときに、社員の仲の良さが一番印象に残りました。先輩社員と一緒に市場の中を見学していたときも、取引先のお客様もフレンドリーに接してくれたことで、「ここでなら楽しく働けるはず」と確信しました。
社内、社外共に風通しの良い環境で、自分らしく働いていけると感じました。 また、裁量が大きく、自分が考えた内容をすぐに実行に移せる環境であったことも仙都魚類を選んだポイントです。 お客様にどの商品を提案するかも自分次第ですし、「産地の状況を見に行きたい」と思えば、出張に行くこともできます。
海産物を食べることが好きだったのもこの会社を選んだ決め手でした。

お客さまとのうれしいエピソード

一番のやりがいを感じた瞬間は、お客様から、「お前だからこの商品を買うんだぞ」という言葉をかけてもらえたことです。お客様との信頼関係を築くことは簡単ではないですが、自分の頑張りが認められたときの嬉しさは計り知れないものがあります。私が取扱う商品は海から獲れるので、自然との戦いがあります。天候などにより市場に届く魚の量が大きく変動します。どんな商品が提供できるか、その日にならないと分からないことも。入社3年目、お客様から「ホンビノス貝」の発注がありました。お昼頃に注文が入り、翌朝には納品して欲しいとの依頼でした。丁度台風が直撃し、浜の漁師さんが商品を出せない状況。しかし、お客様が数ある仕入れ先の中から自分に依頼してくれた注文なので、何とか期待に応えたいと思い、すぐにどこからなら取り寄せられるか調べました。依頼されていた産地とは別の商品でしたが、何とか確保できることになり、すぐ提案。お客様に承諾していただき、無事商品を提供できました。そこで更に信頼関係が増したと感じています。

魚の流通を活性化したい

この会社は、とても社員同士の仲がいい会社だと思います。 フレンドリーな人が多く、とても楽しく働けています。私が所属している鮮魚部は、元気な社員が多く、常に活気があります。そして、先輩とも気軽に話せる雰囲気があるため分からないことはいつでも先輩に聞くことができ、安心して仕事に取り組めています。また研修や指導が充実しているので、魚に関して深い知識を得ることができました。初心者の方でも安心して仕事に取り組める環境だと思います。
この仕事に就いているからこそ、おいしい魚を見分けることができる、おいしい魚を食べる機会も多くある。食べて味を知ることも仕事をする上で大切なことです。
現在、魚の消費が減少傾向にあります。だからこそ、魚の売り場を元気づけ、消費を増やすことが目標です。水産物の取り扱いを増やし、しいては、宮城県沿岸部の水産業に貢献したいと思っています。

企業情報

業種

卸売・小売

事業分野

仙台市中央卸売市場の水産物元卸売業者として生鮮水産物、冷凍水産物、及びその加工食料品の販売。仙都魚類株式会社は、昭和23年に水産物卸売業者として創業し、昭和35年に農林水産省の許可を得て仙台市中央卸売市場に入場以来、仙台市民はもとより、東北の拠点市場として東北の皆さんに水産物を供給するという、極めて公共的で社会的使命の高い役割を果たしています。
浜の漁師さんや水産加工業の方と町の魚屋さん、スーパーマーケットで買い物をする、あるいは料理屋さんで食事をする、消費者の皆さんを繋ぐとても大切な仕事を行っています。仙台市民なら仙都魚類が扱った水産物を食べてるはず。実はとても身近にある会社です。

会社の強み

膨大な品目を的確に集荷・販売していくために、あらゆる情報を共有できるシステムを構築。消費者・取引先を念頭においたマーチャンダイジングやリテールサポートを実践する商流システムが私たちの強みです。
また魚の特性やおいしい食べ方などの情報発信にも力を入れています。季節や行事に合わせて旬の魚の試食提案会を実施しており、土用の丑の日に向けてのうなぎ関連商材、お盆に向けての養殖本鮪、冬には鍋商材、ひな祭りには海鮮ちらし寿司。また、秋には年末に向けて「年末商品展示提案会」を開催し、自社で取り扱っている商品を仲卸業者、買受人、スーパーのバイヤー、飲食店の方々に紹介しています。今後も新しいメニューやかんたんレシピを提案し、食卓を楽しませることができる会社になりたいと考えています。

会社概要

会社名 仙都魚類株式会社
所在地 〒984-8522 宮城県仙台市若林区卸町四丁目3番地の1
設立年 1950年(創業1948年)
代表者 代表取締役社長 鈴木文史朗
資本金 1億2000万円
従業員数 80人
電話番号 022-237-8300
URL https://www.sento-gyorui.com/
SNS
最終更新日:2019年10月15日

閲覧履歴