社員一人ひとりに適した仕事を

藤井 優和さん

入社年 2015年
秋田県大仙市出身

メッセージ

私は地域企業に就職したいと思い、工業高等専門学校に入学しました。卒業研究のテーマでもあった研磨加工を行っている会社で働きたいと思い、県内企業を探したところ、秋田県内の研磨企業である弊社を知ることができました。弊社に入社した決め手は、研磨企業でありながら、製品を生産するだけではなく前加工から検査まで一貫して行っているところにひかれたからです。また、製品の製造だけではなく、技術サービスとして研究や開発を行っているところも弊社を志望する決め手の一つになりました。

 

弊社は、モノを磨く「研磨」という作業を行っている会社で、生活の中でも身近に存在するガラスを磨いたり、普段触れる機会がないような結晶の材料を磨いたりしています。特定のものしか研磨できないのではなく、あらゆる材料を研磨できるところ、また、それぞれの材料を効率よく磨くためのノウハウがあるところが弊社の魅力だと考えています。働きがいを感じるのは、今まで加工をしたことがない材料や、とても硬くて加工するのが難しい材料を、先輩たちからアドバイスを受けながら仕上げることができたときです。現在は加工業務のみならずインターンシップの担当者、社内広報担当として、HPの更新作業をするなど幅広い仕事を任せてもらっています。

 

弊社は10代から20代の若い世代が全社員の約35%を占めているので、これから就職してくる皆さんとも年齢が近く、仕事の話だけではなく趣味の話や日常会話などもしやすいと思います。製品ができ上がるまでの作業を一貫して社内で行っているため、仕事の内容が幅広く、社員1人ひとりが自分に適した仕事を行える環境があることも弊社の魅力です。新入社員研修では、全ての仕事を先輩方の指導のもとに行います。研修期間中に自分に適した仕事を見つけることができます。

企業情報

業種

精密・医療機器

事業分野

創業当初は、時計用カバーガラスを研磨する仕事をメインで行っていた。2010年頃より今まで培ってきた研磨技術や業界でのコネクションを活用し、技術サービス事業を展開している。具体的には、材料メーカー、副資材メーカーの開発支援から研磨加工コンサルティング業務を行っており、日本のみならず海外からの引き合いもある。当社製品の事業フィールドは、創業から続く光学分野、電子分野、通信分野、パワーデバイス分野である。

会社の強み

2015年に創業の地「埼玉」から「秋田」へ本社移転をし、地域を牽引できるリーディングカンパニーを目指し、様々な取り組みを行っている。当社は人材に重きを置き、「働きやすさ」「人材育成」に注力している。従業員の声を経営に反映させるために、3か月に1度の面談を実施している。面談で吸い上げた意見を速やかに反映させることで、従業員満足度の向上を図っている。また、人材育成を進めるために新入社員研修の再構築、社内研修プログラムの運用、キャリアプランの設計などを推し進めている。社内において、製造業務のみならず、技術開発、研究事業が存在するため、様々なキャリアビジョンへチャレンジすることが可能。当社の「研磨技術」はこれからの未来の電子機器の多様化、通信分野の発展に、大きく貢献できる技術である。

会社概要

会社名 株式会社斉藤光学製作所
所在地 〒019-1512 秋田県仙北郡美郷町本堂城回字若林118-3
設立年 1977年
代表者 代表取締役 齊藤 伸英
資本金 1,000万円
従業員数 56名
電話番号 0187-85-3300
URL https://saito-os.com/
SNS Facebook
Instagram
最終更新日:2020年07月08日

閲覧履歴

秋田県」「精密・医療機器」の企業から探す

star秋田県 県南 / 精密・医療機器
株式会社秋田研磨工業