ここで働きたい!東北・新潟のキラぼし企業

宮城県

若い人の希望を聞いてくれる会社です

株式会社ケディカ

若い人の希望を聞いてくれる会社です

技術開発室リーダー
相馬 亜紀さん(31歳)
勤続10年 宮城県栗原市出身

就職活動の際は、高専で学んだこと生かせる企業を選択肢に考えていました。現在の仕事は、量産設備で対応できないめっき処理、顧客の開発案件(試作品等)がメインです。案件・仕様は多種多様で、顧客の要望に応えるだけでなく、こちらから提案することもあり、顧客の要求を確認しながら仕事を進めていく感じです。同期入社は私を含め11人で、そのうち女性は大卒・高卒合わせて6〜7人でした。会社全体としても女性社員は多いと思います。

仕事の内容は試作品のめっき処理が多いこともあり、うまくいったとき、顧客の要望に応えられる結果が得られたときにやりがいを感じます。顧客からの要望はハードルの高いものもあり、定期的に上司や同僚とのミーティングの機会を持ち、相談しながらチームとして仕事を進めています。めっき処理は、電気化学の原理によって材料の表面に金属膜を析出させる処理方法で、まさに化学そのものです。高専で学んだことと仕事とのつながりが明確で、知識を生かして会社に貢献できているという実感もあります。

当社は福利厚生が充実しています。例えば、楽天イーグルスやベガルタ仙台などのプロスポーツチームを応援していて、スタジアムの年間シートを持っていますので、同僚と試合を見に行ったりしています。お花見や暑気払い、バーベキュー、芋煮会、忘年会などの社内行事もたくさんあります。また、職場健康づくり宣言をしていて、ストレスチェックなども行っており、社員を大事にする会社です。高専卒ですと、大手企業に就職できても製造現場に配属されることが多いのですが、私は間接部門で働きたいと思っていて、就職面接でもそういう話をしました。現在、希望通りの部署で働けていますので、当社は若い人の希望を聞いてくれる会社だと思います。新入社員には、年齢が近く配属部署の先輩にあたる社員がサポート役として付き、仕事の内容や進め方を教えてもらえますし、アットホームな雰囲気もあります。

事業分野

当社は、めっき加工をはじめとする表面処理や超精密加工等を手がける「総合表面処理メーカー」である。素材から超精密加工技術までの幅広いテクノロジーを駆使し、長年培った当社伝統の技術は、「総合表面処理メーカー」として高い評価と信頼を得ている。また、開発の主たる研究開発部門を備えた本社をはじめ、半導体関連のICめっき、電子通信、自動車部品関連、建築電材の表面処理など、あらゆるニーズに対応できる各工場とのより強固なネットワークによって、これまで以上にユーザー皆さま方の依頼に応えている。

会社の強み

「水と空気以外はめっきできる」を合言葉に技術開発に取り組み、国家検定めっき技能士の資格は社員の約7割が有するなど「めっき」のプロ集団である。 活動拠点は岩手県の北上市、宮城県仙台市、そしてフィリピンの3拠点で、常に表面処理のリーディングカンパニーとして品質と環境の向上に努め、業界に先駆けてISO9001.14001を取得し、企業の社会的責任と信頼性の向上に努めている。表面処理の技術を生かし環境軽量証明事業や医療用器具を洗浄する薬剤を東北大学病院と共同開発するなど、新たな分野へも挑戦し続けている。 

会社概要

会社名 株式会社ケディカ
所在地 〒981-3206
宮城県仙台市泉区明通3-20
設立年 1954年
代表者 代表取締役社長 三浦 智成
資本金 4,800万円
従業員数 141名
電話番号 022-777-1351
URL http://www.kedc.co.jp/
SNS -
トップへ戻る