東北・新潟 Meetup! オンラインイベント

若手も積極的にチャレンジ!

焼型課

吉田 真也さん

入社年 2012年
岩手県盛岡市出身

メッセージ

私は学校を卒業した後いくつかの職業を経験しましたが、本当に自分のやりたいことは何だろうと、いつも悩んでいました。そんな時に南部鉄器職人の募集を知り、以前からものづくり・職人という仕事に興味があったので、弊社に応募しました。

南部鉄器業界を代表するメーカーである弊社は、昔ながらの伝統的な製品に加え、現代のライフスタイルに合ったモダンなデザインの製品まで、幅広く消費者のニーズに対応し、国内外から高く評価されています。そのような点に加え、自社製品を責任をもって製造・販売しているところに、魅力を感じました。

現在、私は焼型課という部署に属し、昔ながらの技法を用いた南部鉄器の製造を任されています。地元を代表する伝統工芸品を1から手作業で生み出す作業は、工程も多く、技術習得は難しく、時間もかかります。しかし、その分やりがいもあります。

今の仕事には大きな責任感・使命感を感じています。そして、自分が手がけた製品が国内外に出荷され、販売されている事に大きな誇りを持っています。

弊社には、若手が積極的に”チャレンジ”できる環境があります。自分はものづくりの現場にいて、新しい工程等をどんどんやらせてもらっています。もちろん、新しいことに挑戦すれば失敗はつきものですが、上司、先輩がきちんとフォローしてくれます。さらに、上司や先輩に気軽に相談しやすい雰囲気なので、積極的に自分がやりたい事に挑戦できます。

企業情報

業種

金属・鉄鋼・非鉄

事業分野

南部鐵器工芸品の製造販売

会社の強み

岩手県の伝統工芸品である南部鉄器の製造、販売を製造している。古くから伝わる焼型法(鉄瓶づくり)に加え量産品に対応する生型法(キッチンウエア、急須等)の2つがある。弊社の一番の特徴は、一貫生産を行っており社員皆が情報を瞬時にして共有できることだ。一貫生産の強みは、製品の品質が安定するだけでなく、どの部署においても消費者に対する安全を常に心がけて、作業できることにある。日本国内にとどまらず、世界各国への輸出も行っており現在では売上げの約半分が海外。ヨーロッパでは南部鉄器の代名詞としてIwachuと呼ばれるほどブランド力が浸透している。物づくりは、時代に沿って、消費者ニーズや嗜好に合わせた新たな商品を作っていかなければ長続きしないと考えているので、社員一丸となりチャレンジ精神を常に持ち日々試行錯誤している。

会社概要

会社名 株式会社岩鋳
所在地 〒020-0863 岩手県盛岡市南仙北2丁目23-9
設立年 1902年
代表者 代表取締役社長 岩清水 弥生
資本金 9,320万円
従業員数 80名
電話番号 019-635-2501
URL http://www.iwachu.co.jp/
SNS
最終更新日:2020年07月09日

閲覧履歴