ここで働きたい!東北・新潟のキラぼし企業

街の色をデザインできる外壁材を取り扱っています

研究開発部

前田義弘さん

入社年 2016年
宮城県出身

メッセージ

金属系サイディング業界でNo.1シェアの弊社を志望

大学で建築を幅広く学んでいた頃、人々が日常的に触れたり、目にしたりするものは内装材や外装材などの建材だと思い、建材メーカーを中心に就職活動をしていました。様々な建材の分野を調べていく中で、人の目に触れ、街の色をデザインしている建材は外壁材であると感じました。また、外壁材にもいくつか業界がありますが、今後のリフォーム市場を考えた時に、軽くてリフォームがしやすい金属外壁材に注目し、金属系サイディング業界でシェアがNo.1のアイジー工業を志望しようと決めました。

若手でもプロジェクトチームに参加

現在私は、研究開発部の商品企画チームに所属し、金属サイディングの柄の企画・デザインを担当しています。新商品は機能面、技術面、販売面など様々なことを考慮しながら企画・デザインしていくので、産みの苦しみはあります。でも、自分のアイデアや試験結果が評価され、採用されて世の中に出ていくことにはとてもやりがいを感じます。2年程前からは、若手にも関わらず、通常業務とは異なるプロジェクトチームに参加させていただき、新商品の発売に向けて取り組んでいるところです。

さらなる開発・製造で、成長していく会社だと感じます

住宅などの外壁材は、窯業系サイディングや金属系サイディングの乾式工法が増えてきております。当社は、金属系サイディングの業界では国内をリードしていますが、外壁材全体の市場では窯業系サイディングの方が圧倒的なシェアがあります。これは言い換えれば、伸びしろが多くあるということになります。圧倒的シェアを持つ窯業系サイディングに勝るような商品を開発し、製造し、販売することでアイジー工業はさらに成長していく会社だと感じます。

企業情報

業種

その他製造

事業分野

1970年創業。その後、当社は従来にない新しい建築用外装材として、カラー鋼板と発泡樹脂断熱材の一体成形品である「金属サイディング」の商品化に成功し事業を開始しました。寒さが厳しい冬でも快適で健康な住まいづくりに貢献したいという創業の思いが商品化を実現したといえます。
「金属サイディング」であるアイジーサイディングの用途は主に戸建住宅に使用され、その特徴である軽量性や断熱性が高い評価を受け、新築からリフォームまで多岐にわたり採用されています。
新築では、金属特有の素材感を活かしたシンプルかつモダンなデザインや意匠性がこだわりを持つプロの建築設計士あるいは施主様に注目を集めています。
また、リフォームでは「金属屋根材」スーパーガルテクトと共に、高い機能性と施工性が評価され、東日本のみならず西日本での採用増加につながっています。
鉄骨造建築物向け外壁材である「金属サンドイッチパネル」アイジーヴァンドは、近年増加する物流倉庫のほか、学校の校舎や体育館、コンビニエンスストアの外壁など、私達の暮らしに身近な施設に採用の幅を広げています。
当社は金属系外装材メーカーとして、自社開発・自社生産の外壁材・屋根材を通じ、住宅から非住宅まで様々な建物の安全・快適な空間づくりへの貢献を目指します。

会社の強み

金属サイディングのリーディングカンパニーであるアイジー工業は、約40年前から現在まで、国内トップのシェアを有する金属サイディングメーカーです。
トップシェア商品を有する当社の強みは、開発から製造・販売までを一貫して自社で行っていることがあげられます。自ら考え、生み出した商品を市場に問いかけ、自らの手で商品の良さをお客様に伝える。当社の事業の醍醐味は、自らのアイデアを具現化した結果である商品やサービスが、それによって暮らしや社会の快適性向上へつながることだと考えています。
自社による一貫体制。これを支えているのが、時代のニーズを的確に捉える商品開発です。顧客ニーズの変化を先取りし、スピード感を持って商品化する、高い開発力の裏には知的財産の存在が重要です。研究開発部の中に知的財産の出願・管理を行うチームを置き、創業以来の技術やノウハウを蓄積し、業界の技術動向を日々研究しております。
「わたしたちは 豊かな発想力と確かな技術力で ニッポンの建物を強く、優しく、美しく包みます。」創業から現在までの数々の思いを込めた企業理念の下、まっすぐに挑戦を続けていく。それが私達アイジー工業の強みだといえます。

会社概要

会社名 アイジー工業株式会社
所在地 〒999-3716 山形県東根市蟹沢上縄目1816-12
設立年 1970年
代表者 代表取締役社長 若尾 直
資本金 2億5,350万円
従業員数 354名
電話番号 0237-43-1830
URL https://www.igkogyo.co.jp/
SNS
最終更新日:2019年10月21日

閲覧履歴